病院情報

HOME > 病院情報 > ASKAレディースクリニック

全国不妊施設詳細情報

ASKAレディースクリニック基本情報

中山 雅博 院長
奈良県立医科大学卒業。
済生会富田林病院勤務。
奈良県立医科大学、新生児集中治療部助手、産科婦人科学教室助手、不妊外来担当医(生殖補助医療に従事)。
大阪府立羽曳野病院 診療主任、大阪府立看護短期大学 非常勤講師。
2003年、ASKAレディースクリニック院長に。

産婦人科認定医、母体保護指定医。
日本産婦人科学会、日本不妊学会、日本受精着床学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本婦人科内視鏡学会、日本内分泌学会。

住所

奈良市北登美ヶ丘3-3-17

アクセス

◎大阪市内方面より
学園前ランプ→学園前駅経由(学園前ランプより15分)
阪神高速13号東大阪線→(西石切ランプ)→第二阪奈道路
中町ランプ→学園前駅経由(中町ランプより20分)
◎高槻・枚方・四条畷・寝屋川方面より
国道163号
◎京都方面より
京奈和自動車道路 山田川IC下車→国道163号線(山田川ICより10分)

近鉄奈良線「学園前駅」→バスにて13分
近鉄京阪奈線「学研奈良登美ヶ丘駅」→徒歩にて15分

電話

0742-51-7717

ホームページ

http://aska-cl.com/

診療時間

 
 9:00〜15:00
 17:00〜20:00 - - - - -

木曜午前は婦人科診察のみ

不妊治療のあり方に満足されていますか?

高度生殖補助医療(以下ART)全盛のこの時代は、従来子供に恵まれないとされた夫婦に大きな福音をもたらすこととなりました。このような喜ばしい光景を日常的に目にしている我々従事者は、ともすれば「生命を創出した」かのような錯覚に陥ることさえあります。ARTの隆盛は不妊治療に携わる医療人の意識をも大きく変えてしまう、それほど劇的なものだったのです。

ART以前の不妊治療といえば、暗闇に向かって石を投げるような手応えのないものでした。先人達は数少ない治療手段を駆使して診療にあたり、「授かる」のをひたすら待ち続けた時代だったのです。このような無力感に満ちた時代を長らく経験しているだけに、ARTのクリアカットな治療成績に我々は自信を回復し、小気味よさを超えて快感すら覚えることがあります。患者さんも満足し、医療人の自尊心も満たされる、そんな理想的な医療として全盛を極めているのはご存じの通りです。
そして今やARTは一旦エントリーすれば、あとはオートマチックにしてかつ最も安心でき、十分な効果が期待できる治療法として確立したのです。

しかしARTを中心にすえた不妊医療のあり方には、抜けられない大きな落とし穴が存在していることに誰も触れようとはしません。その穴とは、この「業界」が「オーバートリートメント」と言われる「過剰な医療行為」をもたらす体質に陥ってしまっているという現状です。

私自身にも何度か経験がありますが、度重なる体外受精の後に自然に妊娠したという笑えない話を最近よく耳にするようになりました。つまり「患者さんに対して、必要以上の医療行為が行われている」という実態があるのです。
「ART神話」を過大広告することで、その効果を期待した患者サイドの需要の高まりに医療側が安易に応じていることと、不妊医療がコマーシャルベースで行われるようになり、経営が優先されるようになったことがその背景にあるということは否めません。時代の流れとはいえ、望まない方向に向かって大きく舵をとられてしまったような危機感と不安を感じているのは他ならぬ我々医療側の人間なのです。

「授かる」不妊治療を目指して

生殖医療は格段な進歩を遂げたとはいえ、生命の誕生が神秘的で畏敬の念に満ちたことであることに変わりはありません。
実際に不妊クリニックの門をくぐる患者さんの大多数は、そのような先進医療を望んでいるのではありません。求められているのは「自然に近いかたちで妊娠する方法」に他ならないのです。しかし求めていた医療と実際に受ける医療の違いに戸惑い、治療を途中で断念してゆく患者さんは意外と多いのです。

ARTの隆盛によってもたらされた我々のおごりは、不妊治療をいつしか「授かる医療」から「授ける医療」へと変えてゆきました。より自然に近い段階である一般不妊治療(人工授精までの治療)を十分に試みることなく安易に先進医療に進むのもその現れと言えるでしょう。不妊医療を学問として極める立場にある者として、我々はこのような結果オーライの傾向を恥じなければいけません。「いかに自然に近い方法で妊娠できるか」という命題への探求心なくして、高度医療にするのは片手落ちであると言えるのではないでしょうか。
先進医療で培われた技術と知識があるのなら、それをたずさえて一般不妊治療にフィードバックしてこそ、不妊専門クリニックの称号が与えられるのではないかと私は考えます。

「先進医療だけが不妊治療ではないはず」という先人達の声が聞こえてくるのです。

【外観】
登美が丘の住宅街の中にある落ち着いた佇まいです。

【受付】
入ってすぐ左手に受付があります。

【待合室】
不妊関連の雑誌や本が充実しております。

【ラウンジ】
くつろいで頂けるようなソファーやお飲物を用意しております。

【カウンセリング室】
卵子や精子についての解説をこちらで行います。

【培養室】
人工授精のための精子の洗浄や体外受精のための受精・培養を
こちらで行います。


【スタッフ紹介】

培養士 粟井 啓子

培養士 長屋 美紀

培養士 渡士 真由

看護師

クリニックからのお知らせ

  • 10.02.27
    ASKAレディースクリニックのページを公開致しました。皆さんのご意見などお待ちしています。
Google

WWWを検索
サイト内を検索

Cooperator

サクロ屋 Nature'sGift

Supporter

田村秀子産婦人科 ASKAレディースクリニック みむろウィメンズクリニック

AD info

ながいきや本舗

Link

AII About Fine リーベマリール